記事制作でGoogleトップを外注実現 簡単2ステップ

結果を出せるライターを見つけ出す方法(googleトップの記事が狙えるライター) クライアント講座

「自社メディアに掲載する記事をGoogleトップに位置付けること」は今や腕の良い営業担当を雇うことと同じくらいに重要です。どうすれば記事制作の外注で良いライターを見つけ出すことができるのか、この答えを具体的な方法論でご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.「過去の軌道」から未来を予想すること

テニスボール 未来の動き

文字単価が1円であっても10円であっても、あるいは記事単価が1万円であっても仮に10万円になっても、「原稿料(記事制作費)の高さ」が未来を約束してくれるわけではありません。「Googleトップを保証します!」といった記事制作会社もおそらくは存在しないでしょう。このため、事前に期待値を上げるためには、過去の軌道から未来を予測するしかありません。

予算を大きく確保すれば確率的に目標値に近づくのは事実ですが、これは目的を達成するための考え方としてはやや浅はかです。「値段の高い記事を買う=期待値が上がる」は陥りやすいポイントですので、これが間違いであることをまず押さえておいてください。

原稿料が高い ≠ 期待値が高い
大切なのは、具体的な実績です!
 
過去記事にGoogle上位の実績がある = 一定程度期待できる

本当のライティングスキルは「検索エンジンの結果」が教えてくれる!

Google検索のチェック ライターの実力評価

大切なのは、「Googleトップの実績があるかどうか」であり、それを事前に目に見える形で示してくれるかどうかです。こちらが何も問わないときにその事実を示してくれないのなら、実際に検索エンジンで検索してみると良いでしょう。

良さそうな記事制作会社やライターを見つけたら、納品実績として過去記事を提出してもらい、その記事を読んで感触を確認してください。と、同時に「その記事(コラム)が実際に検索エンジンで現状何位に付けているのか?」を探ってみましょう。この時の検索の仕方は、タイトルの中にある強いキーワードを2つか3つ選んでググってみるだけです。

押さえておくべき選考手順
  1. 自社が希望する記事と関連性の高い分野の過去記事(納品記事)を提出してもらう
  2. まずはその記事を自分の目で読んでみる
  3. 同時に、タイトルから任意でキーワードを抜き出し、検索エンジンに掛けて順位をチェックする
    → Google検索結果5ページ目までに登場しないなら、お金を払う価値は低い
    ※「記事制作費が高い=質が良いのだろう…」という思い込みフィルターは意識的に捨てること!

厳しいようですが、「結果」を求めてお金を払うのが依頼者側ですので、この3段階は自社側のリスク回避として確実に実行してください。提出された過去記事は通常複数あると思いますので、3番については提出された記事数を分母として最低半分はクリアーしておきたいです。

強めにフィルターをかけるなら、「検索結果3ページ目までに入っているか」という基準でも良いでしょう(一般的には検索結果3ページ目以上の記事を開いて読む確率はかなり低いです)。

2.Googleチェック後は、ライターと執筆分野の関係性にフォーカス

ライターの職業性や専門性にフォーカス

Google検索順位を第一段階のフィルターとしてチェックした後は、その記事を執筆したライターの情報を吟味しましょう。ライターの情報と言っても、そのライターが記事制作会社の社員スタッフであるか、あるいはフリーランスのライターであるのかといった社会的な属性のことではありません。

大切なのは、「その記事のテーマ領域に対してそのライターが専門家なのかどうか(職務経験上の専門家であったのかどうか)」です。

専門家的な立場が良いとは限らない(注意すべきポイント)

そのライターが専門的な立場からの執筆であったのなら、間違いなくその分野に強いでしょう。専門家的な立場とは、たとえば歯科治療やホワイトニングがテーマの記事に対して、「歯科衛生士」の資格を持っているといった状況です。あるいは、「弁護士事務所のスタッフ(経験者)」に法務サービスの記事をオーダーするようなケースです。

この場合は、当然深い知識が備わっているので、その領域については一過性の知識でないことが安心材料となります。ただし、次の点で注意を要します。

専門家ならではの注意点
  • 文章は読みやすかったか?
  • 自分がオーダーする記事はその専門性と間違いなく合致しているのか?

Google検索結果で順位が出ていても、執筆作業自体にある程度の経験がない場合には論旨がスッキリ整っていない可能性もあります。医師が直接執筆しているような記事も時としてGoogle上位に登場しますが、このような記事があまり読者にとって読みやすい記事になっていないケースもありますよね。専門家であればあるほど、文章表現が「森の奥に入り込み過ぎてしまう可能性」が高くなります。

その筋の専門家→文筆の専門家ではないということ

実際にGoogleトップを叩き出せても、想定されるペルソナ(検索してくる訪問者)にとって優しい記事になっていないとそのWebメディアにとって「求めたいアクション」に繋がりにくくなるかもしれません。よって、この場合、実際にオーダーをしてみるか…という点で疑問符が残ります…。

専門家の場合、分野がズレたときの脆さも…

また、専門家的な立場のライターが見つかった場合、「自社がオーダーを出す分野は本当にそのライターの専門性と寸分違わず合致しているのか?」という点も重要です。大きな括りで見た場合に同分野であっても、実際にオーダーを出す記事内容とそのライターの専門領域が微妙にズレているようなケースも考えられます。

先の「歯科衛生士」の例で言うなら、彼女に「入れ歯」に関する歯科技工士目線の内容をオーダーしても「専門家ならではの執筆」は成立しにくいはずですよね。専門家であることは一見素晴らしいことですが、「専門家ほど応用が利かない…」という点も加味しておく必要があるでしょう。

少しでもオーダー内容とズレがあると、専門家であることのメリットは失われる

逆に言うと、自社のオーダー予定がまさにそのライターの職業的専門性と合致しているなら、そのライターを選ぶことを迷う必要はありません(もちろん、前項1のステップをクリアして、ある程度文章が読みやすい場合の話です)。

専門家ではないが、その分野の執筆経験が多い場合(期待値が高い)

切れ味の効果(記事に期待できる成果)

専門家ではなくても、「その分野を専門的に手掛けてきたライター」や、「手掛けてきたものの比率としてその分野が多い」という場合もあるでしょう。このケースのライターは、ある意味「付け焼き刃からのスタート」だったかもしれません。ですが、既にその刃には明確な切れ味が備わっていることを前項1のチェックでクリアーできています。

結果的にその分野の執筆が多いライター
明確な実績があるなら「柔軟性」にも期待が持てる

専門家ではない立場で専門分野の執筆で実績を確立している…。これは「執筆分野を問わずに調べて書けるライターであること」の証明です。確率論の話にはなりますが、多少依頼分野にズレがあっても、あるいはオーダー予定の分野を少しずつ広げていっても、「各依頼分野に対して結果を出せる可能性が高い!」と予想できます。

職業的専門性がなくても結果が出せるライター
最も扱いやすい期待値の高いライター

おそらく、このタイプのライターの場合、「執筆分野に強いこだわりがないこと(特に細かく設定していないこと)」も多くなるはずです。相手に合わせ「情報を調べて結果が出せるライター」なので、そもそも分野を限定する必要がないのです。筆者が考えるのは、これこそが本物の有能なWebライターです。

本物の有能Webライター
  • 対応できる執筆分野が広い(あまり強いこだわりがない)
  • オーダー分野で自分で情報を調べ、しっかりとまとめて精度の高い記事にできる
  • この種の「クライアントに合わせるライティング」で明確な実績を出している

「苦手分野に踏み込んでいないこと」さえチェックしていれば大丈夫!

もちろん、どのように優秀なWebライターであっても「手を出したくない分野」や「苦手分野」はあると思います。筆者であれば、「筋トレ系の記事、車紹介の記事、政治がらみの記事」はまずお断りします(興味がありません)。能力とは別のところで「書けなくなくても手掛けたくない分野」はあるはずなので、「そのライターの苦手領域や好みを把握しておくこと」も忘れないようにしましょう。

苦手分野に踏み込んでいないのであれば、あとは多少関連分野へと執筆内容を広げていっても、おそらく期待した成果に近いレベルに到達してくれるはずです。未開の分野であっても、数をこなすほどにフィットしていく確率が高いですので、自社にとって「そのライターでなければならない!」という欠かせない存在になっていくはずです。

一般的にはなかなかこのような関係性を確立できませんが(このため各担当者はライター探しに苦労されているわけですが)、実のところ手順を間違わずに進めば、このタイプのライターを見つけ出すのはそれほど難しいものでもないのです。ぜひ上記2つを実践してみてください。

まとめ「ググって順位確認」&「ライターと執筆分野の関係性を把握」

軌道を読んで目的を達成した犬

当記事では、記事制作の外注でGoogle上位を求める場合に「どのようにフィルターを掛ければ対象物をキャッチできるか(結果を得やすくなるか)」を考えてみました。結論として押さえておきたいポイントは以下の2つです。

結果にこだわるときに意識したい選び方
  • 実際にその制作会社(あるいはライター)の記事をググって順位確認し、極力トップページに近い順位を示せる相手を選ぶ
  • 上記を前提条件とし、更に「専門家ではないライター」でその分野の執筆経験が多い者を選ぶ方が柔軟性にも期待が持てる

上記は、筆者が考える「予算を投入するに相応しいライター」を炙り出す具体的な方策です。非常にシンプルな選考プロセスではありますが、実績として提出されたものを実際にググってみるという作業が抜けているケースが多いのかもしれませんね。これを疎かにしなければ、大きく的を外すことはないと私は考えています。

筆者自身もこの条件はクリアーしているつもりですので、もしもご興味がございましたらお気軽にお声掛けください。

永彩舎のGoogle順位実績例

唯一の問題点:いつまでライティング対応してくれるかが未知数…

ご紹介した条件に合致するライターの唯一の問題点は、「いつまでも記事制作依頼を受けてくれるとは限らないこと」かもしれません。腕が上がれば上がるほど、個人のライターは自分でサイト運営を始めて直接的な成果(広告収入など)を求め始めます。なので、そこに辿り着くまでの、その直前のライターがベストなオーダー先ということになるでしょう。

ぜひ、永彩舎にご相談ください♪

お問合せスマイル

現在、永彩舎では記事制作依頼を広く受け付けています。ご覧のようにGoogleトップの明確な実績もございますし、ご依頼分野に関してもある程度柔軟な対応が可能です(執筆分野参照)。記事制作費についても文字単価3.5円(税込)からとお買い得な条件になっていますので、ご興味がございましたらぜひお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。当記事が貴社メディアの優良ライター探しに貢献できることを願っています。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました