SEO記事制作の発注費用(料金) オーダー時の注意点

永彩舎の記事制作費 永彩舎の記事制作

永彩舎のコラム制作(SEO記事代行)の料金体系、オーダーに必要な情報、納期目安、文字数ルール、納品形式などをご紹介します。「画像選定費用」「入稿費用」「実績非公開特約」「ペンネーム表示割引」などのリンク記事もまとめています。結果をお求めの担当者さま、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

記事制作費(原稿料)について

細かな説明をする前におおよその1記事分の原稿料の目安をご案内しておきます。

記事発注にかかるご予算(ざっくりとした目安)

▶ 1本の記事制作費…概ね1万円程度とお考えください

細かな設定条件はこれ以降でご紹介いたしますが、この基準でオーダーが厳しいという場合はこの先の情報は無駄になってしまうかもしれません。念のため、先にご案内させていただきます。

それでは、細かな点を丁寧に見ていきましょう。

コラム記事のお代は基本的に「文字単価」で設定させていただいています。「記事単価」でのオーダーを受けてしまうと、こちら側の努力が金額に反映されず、無理に有益な箇所まで削らざるを得ないケースまで出てしまいます。わざわざ価値を下げることに時間を使うのはおかしな話ですし、かといって毎回毎回1,000文字もオーバーしていれば、空残業込みの契約をしているのと同じことになります。

このため、「文字単価」でのオーダーに限ることをまずご理解ください。ただし、「こちらで書いた文字数分を勘定して、それを元に払ってください」とまでは申しません。事前に文字数を設定いただき、それに文字単価を掛け合わせたもので記事1本ごとの制作費を設定させていただきます。

文字単価で3.5円~ご相談

具体的な料金設定としては、「文字単価3.5円からのご相談」とさせていただきます。例えば3,000文字でオーダーいただく場合は1本10,500円になります。

なお、この文字単価は「永彩舎側の受け取りベース」で捉えたときの最低基準値となります(分野によってはもう少し予算が必要になることもあります)。また、お仕事マッチングサービスのようなクラウドソーシングを経由しない「直接契約」でオーダーいただく場合の話です。

実際に直接契約で新規オーダーいただく場合には、条件として「前払いしていただくこと」もご了承いただかく必要があります。永彩舎の方では、着金確認後に作業を開始し、納品後に検収完了となるまでは基本的に代金に手を付けることはありませんが、それでもリスク回避の観点から「先にお支払いいただくこと」が大前提になってきます。

この点をご理解いただき、記事制作をご依頼ください。

もしくはクラウドソーシングで手数料分上乗せオーダー

「直接取引はどうも…」というケースについては、クラウドソーシングLancersCrowd Worksなど)という手もございます。ただし、こちらは「システム手数料が20%ほど」必要になります。

これらを通す場合であれば、ワーカー側(当方側)に請求されるシステム手数料を上乗せしてオーダーいただく形になります。顔の見えない相手でも安全だという側面はありますが、「仮払い」という形での前払いは必要になります。つまり、どちらにしてもお代金の事前準備は必要です。

ただ、永彩舎との直接契約にしなければ、お金だけ先に払って記事が受け取れないという「詐欺まがいの被害リスク」はとりあえず避けられるというだけの話です(もちろんそのようなことはしませんが…)。どちらが良いかはご担当者さまがご判断ください。

 

オーダー手順、納期目安、納品文字数ルール、納品形式

記事制作依頼に必要な4つの情報

トップページでも少しご紹介していますが、永彩舎へのオーダーはコンパクトに完結できます。必要な情報は以下の4つです。

ご依頼に必要な情報:4つの情報を揃えてオーダー

次に挙げるものを予めご準備してご相談いただければ、スムーズにご依頼を受け付けられます(もちろん、相談しながらお決めいただいても構いません)。

記事制作のご依頼時に必要な4つの情報

  1. ご希望の文字数…2,500字~4,000字くらいのオーダーが中心
  2. SEOキーワード…1つの記事依頼につき最大4つまでのキーワード
  3. 参照記事URL…ライバル記事や目標目安としてご設定ください
  4. 簡易タイトル…ご依頼者さまが望む記事の方向性を捉える目的です

これらの中で最も重要になるのは、SEOキーワードの設定です。「Bigキーワード × 2」などでオーダーされますと、既存コラムを上回れない可能性が高くなります。このような場合は、キーワードを3つにして絞り込むなどの調整をしてください。

参照先URL(1~3記事程度)は省略しないようにお願いします

参照記事URLはオーダーを受ける立場で非常に重要です。これが設定されていないと、「理想論だけの無茶なオーダー」に対応させられてしまう可能性があります。「そのような超専門的な内容はどこの文献を調べて出てくるのだろう…」というオーダーになるとこちらも困ります。

以前、「当院の治療フローをまとめてください」といった中の者にしかわからないものを情報なしに丸投げされるクライアント様がおられ、ひどく困惑しました。実際にweb記事という形になっているサンプルを示していただくことで、最低限記事としてまとめ上げられるという確証がこちら側で得られます。

もちろん、言葉だけであっても非常にわかりやすく案内してくださるクライアント様もおられるのですが、やはり「無駄に振り回されてしまわないためのリスク回避」という名目がございますので、参照先URLを最低1つは提示いただくということでお願いします(参照先を挙げていただき、その上でここはこうして欲しいなどの注文をつけていただくのは構いません)。

また、「です・ます体」「である調」など、ご依頼者さま側で指示したいレギュレーション等がございましたら、オーダーの際に併せてご提示ください。ご指示がなければ、文体は「です・ます体」で執筆させていただきます。

簡易タイトルにはキーワードを入れ込もう♪

通常、記事タイトルの中には狙っているキーワードを入れ込みます。たとえば、「レーザー脱毛、痛み、回避」というキーワードであれば、『レーザー脱毛で痛みを回避する方法と手段』のような形です。

ここで、あえて、「方法」と「手段」のような同じ言葉を重ねているのは、どちらのキーワードで検索されてもヒットしやすくするためです。キーワードとしては3つでもその周辺にある「共起しそうな言葉(同時検索されそうな言葉)」を多く盛り込んでおけば、その分Google検索でヒットする可能性が上がります。

細かな調整や「最終的な記事タイトル」はこちら側で設定させていただきますが、上述のようなポイントを押さえておくとGoogle検索上位を狙いやすくなってきます。

記事制作に要する日数:納品時期の目安は約1週間

オーダーいただいてから納品までにかかる時間は、「できるだけスピーディーに」をモットーにしています。ただし、抱えている仕事量によって対応速度は変わってきます。

目安とお伝えしているのは、コラム記事1本に付き「概ね1週間」です。

記事1本の制作日数(納品時期の目安)

▶ 直接取引でご契約いただき、「着金」が確認できてから約1週間

※手が空いてれば「一両日中に!」とお伝えできることもよくあります。ただし、1万文字を超えるようなオーダーですと、上記よりもお時間を要する形となります。

納品文字数:ご依頼文字数±5%の範囲内というルール

ご希望の文字数でオーダーいただけますが、具体的に文字数を定めて契約させていただいていても、実際には書いているうちに多くなったり少なくなったりします。このため、文字単価を前提に文字数設定してご依頼いただくものの、あくまでもご依頼時の文字数は目安であるとお考えください。

ルールとしましては「オーダー文字数に対して±5%範囲を納品可能ライン」とさせていただきたい次第です。文字数ごとに見ると納品基準(納品可能となる文字数の範囲)は以下のようにさせていただきたいという意味です。

契約文字数​に対する納品基準(±5%)

  • 2,000文字オーダー…1,900文字~2,100文字が納品基準
  • 3,000文字オーダー…2,850文字~3,150文字が納品基準
  • 4,000文字オーダー…3,800文字~4,200文字が納品基準
  • 5,000文字オーダー…4,750文字~5,250文字が納品基準

なお、永彩舎では上記のような納品基準で必ず最低文字数は超えるように調整いたしますが、もしも「上限はいくら超えても問題ない」ということであればその旨お伝えください。

私の場合、周辺トピックをたくさん思いついてしまうため、どうにも文字数が多くなる傾向がございます。文字数超過を許容いただけるのであれば、当方としましては助かります。

納品ファイル形式:「Word」ファイルでの納品のみ

永彩舎では、すぐにコラム記事の執筆にかかれるように、予め「リード文」や「見出し(大・中・小)」などの設定を整えたWordフォーマットを準備しています。

永彩舎で使用している記事制作用のword雛形

 

こちらに入力して執筆していくことに慣れていることや、記事データの管理、情報漏洩防止などの観点から、納品形式としてはWordのみで統一させていただいております。

クラウドソーシングの募集を見ていると、最近は Google document を使用した記事制作が増えてきましたが、これをすると細かな設定やちょっとした装飾で余計な時間ロスが生じます。また、たった一つのミスで「絶対に公開すべきでないフォルダー」ごと誰からでもアクセス可能になってしまうというリスクもあります。加えて、プライベートで使用しているグーグルアカウントのまま、誤って企業さまの共有フォルダーへアクセスしてしまうミスも考えられます…。

ご依頼者さまの側にしてみれば、Google document のまま入稿システムにデータを貼り付けられるなどの利便性などもあるのでしょうが、この種の手続き上のメリットについては企業者さま募集に応募してきたライターにお求いただきたいと考えます。

現在説明させていただいているのは、「読者さま発信で私がご依頼を受ける場合の原稿の納品形式」になります。このため、永彩舎の扱いやすい条件として「Wordでの納品」とさせてください。

オプションメニュー(オプション料金)について

オプション料金に関しては、別途ページを設けて案内させていただいております。それぞれコンパクトにまとめていますので、気になるところからご確認ください。

画像選定料(添付)の注意点と費用

「記事文字数×0.5円」で計算させていただく画像選定サービスのご案内です。

入稿代行(原稿データの流し込み)サービスの注意点と費用

「記事文字数×0.5円」で計算させていただく入稿代行サービスのご案内です。

「実績非公開特約」の内容案内と必要料金

必要に応じ「運用サイト単位」でご設定いただける「実績非公開特約」に関するご案内です。永彩舎にご依頼いただく際には非常に重要な内容ですので、ぜひご一読ください。

「ペンネーム表示割引(Win-Winキャンペーン)」のご案内

オプション料金という括りではありませんが、永彩舎では「ペンネーム表示割引」というサービスも設けています。文字単価レベルで-0.5円割り引かせていただくものです。別途、内容案内もあります。ぜひご利用いただければと思います。

どうぞお気軽にお問い合わせください♪

お問合せスマイル

当ページでは、記事制作のご依頼がスムーズになるよう疑問を持たれそうなポイントを中心にご説明いたしました。「まだ現状検討中だ…」という場合や、「この分野はあまり実績がないけど大丈夫かな?」と迷われているケースもおありかもしれません。あるいは、何か記載しておくべきことが漏れていて、疑問が消化できていないケースもないとは言えません。

ご相談に際しては、「契約ありき」でもございませんので、何かございましたらお気軽にボックスメニューの「お問い合わせ」からお声掛けください。chatwork(登録&利用無料)でご連絡いただくと、よりスムーズなやり取りが可能です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました